コンテンツ

排水管や結露が原因でトイレの水漏れは起きる

トイレは水のトラブルが多いですが、一概に水漏れとは限りません。水漏れでないトラブルは自分で対処できる場合もあるでしょう。トイレの交換になると水道修理業者を呼んだ方がいいです。自分でトイレを修理しようとしても部品が違い上手く治せない場合もあります。自分で修理できる時と水道修理業者に依頼した方がよい時を見極める必要があります。

■タンクの結露は自分で対処しやすい

トイレのタンクにつながるパイプが結露を起こすと水がしたたり床を濡らす場合もあります。床が濡れているのを見て水漏れと勘違いする人もいます。リビングは暖房をかけるため室温が高く、トイレの室温は低いため温度差により結露が起こります。湿度が高い梅雨の時期も結露を起こしやすいので、床が濡れている時はパイプ部分の結露も疑ってみてください。結露で床が濡れる時は、自分で結露専用のテープをはり換気を心がけるとよいです。

■トイレの排水管からも水漏れは起きる

便器と床の間が濡れている時は、排水管が摩耗し水漏れを起こしている可能性があります。便器自体にヒビが入っている場合も考えられます。便器と床に起きる水漏れは便器自体を外さないといけない場合があるので、個人で修理するのは困難です。また便器ではなくタンクから水がつたって床が濡れている時もあります。温水洗浄便座のヒビも便器周りを塗らしやすいことも頭に入れておきましょう。排水管の水漏れは自分で直すより、水道修理業者に依頼するとスムーズです。

■まとめ
トイレの床が濡れている時は温水洗浄便座からの水漏れの可能性も考えられます。温水洗浄便座の水を貯める部分にヒビが入ると水漏れにつながります。さらに温水洗浄便座には水を通すパイプがあり、どこから水が出ているか見つけるのは困難です。万が一水漏れ部分を発見できても、トイレの交換が必要な時は水道修理業者に依頼することになります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ