コンテンツ

トイレの排水管が水漏れした時にすべきこと

排水管内は圧力がなく上から下に流れる仕組みになっているので、異物がつまりやすい部分です。水に溶けないティッシュペーパーは流さないようにしましょう。また異物は排水管を傷め水漏れの原因となります。経年劣化も傷める原因の1つです。排水管が損傷すると水の流れが悪くなります。

■排水管の水漏れを確認する

もしトイレ 水漏れしていた時、どこで起きているかわからないので、場所をチェックしなくてはいけません。まず止水栓をドライバーで閉めましょう。止水栓はタンクの横または下にありますが、見つからない時は水道自体の元栓を閉めてください。
次にトイレの水漏れ箇所を特定します。便座と床の間から水が出ている時は排水管の水漏れが考えられます。また床一面が水浸しになる場合もあるので、早めの対処が必要です。

■排水管の水漏れが起きていた時

排水管の水漏れがパイプのつなぎ目で起きている時は、ナットを締めるだけで解消されることもあり、このようなケースであれば自分でも簡単に対応できます。
パイプのつなぎ目部分のパッキン交換が必要な時もありますが、その際には分解しなくてはいけません。通常のドライバーではなく精密ドライバーが必要なので、道具を揃えておく必要もあります。一度分解して再度組み立てる必要があるなど、手順が複雑になるため、難しい場合は水道修理業者を呼んでください。

■まとめ
給水管から水漏れする時は水道メーターが回ります。一方排水管が原因の時は水道メーターは関係ありません。止水栓を閉めているのに水漏れが続き、水道メーターも止まっていたら排水管の水漏れの可能性は高いです。汚水が流れる部分なので、浸水した部分の取り換えも必要となります。汚水がついた床は張り替えすることもあるでしょう。被害を減らすために床一面が浸水する前に水道修理業者を呼びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ